水虫を治す最短の方法とは?

水虫かも?気になる症状とは?

裸足

水虫の症状として最もイメージされやすいのは「趾間型」の症状です。
これは指と指の間にかゆみが生じると同時に皮が白くふやけ、その皮を毟ると液がただれてくるといったものです。
しかしこれは水虫の症状の一つに過ぎず、この他にも「角質増殖型」と「小水疱型」と呼ばれるものがあります。
角質増殖型は足の裏やかかとの部分の角質が厚くなって皮がむけてくる、小水疱型は足の裏や端に水ぶくれのようなものが出来て強い痒みを感じさせるといった症状になります。
このように水虫の症状はいくつかのパターンがあり、そしていずれも放置されているとさらに悪化していくことになるのです。
もちろんどのような症状であっても注意は必要なのですが、中でも特に注意したいのは角質増殖型でしょう。
角質増殖型は水虫の症状の中でも珍しく痒みが生じないという特徴があります。
また角質が厚くなることは決して珍しいことでは無く、その都度軽石などで削って対応している人もかなりいます。
しかし軽石で削っても原因菌となる白癬菌は既に皮膚に住み着いてしまっているのですから、何度こすったところで完治はしません。
むしろこの角質増殖型が放置されたことによって趾間型や小水疱型に発展していくことがありますから、角質が厚くなっている状態が続いたのであれば早い段階に皮膚科を受診した方が良いと言えるでしょう。
またこうした痒みや皮膚の異変といった症状は水虫の中でも初期から中期の症状です。
これがさらに進むと爪の中にまで白癬菌が入りこむ爪水虫になり、また水虫による直接の症状では無いものの、破壊された皮膚の組織から別の細菌が入りこむと患部が化膿して入院治療が必要になる、また糖尿病患者がこういった状態になってしまった場合には最悪の場合は組織が腐って切除が必要になることもあり得ます。
もちろんこうしたことは全体からすればごく一部ですが、こうした注意が必要なことは知っておきましょう。