水虫を治す最短の方法とは?
素足と手

「水虫」というくらいなので虫が感染したのか?と思う人もいるかもしれません。
実は白癬菌というカビの一種が足の角質層に住み着いてしまうと水虫になるのです。
白癬菌は足以外にも感染するため身体にも症状がでますが、90%以上は足の角質層に感染してしまいます。
一度感染してしまうと角質層の奥に住み着いた菌を殺菌する治療には数か月かかってしまいます。
市販の治療薬や病院で処方された薬を使用している場合、かゆみなどの症状がなくなると薬の使用をやめてしまう人もいるのですが、症状が消えてからしばらくは薬の使用を続けることが重要です。
水虫は再発しやすいため、痒みがなくなっただけで薬の使用をやめてしまうと角質層の奥に白癬菌が生き続けていて再びかゆみなどの症状が生じてしまうことがあるためです。
さらに悪化すると爪にまで感染してしまい、治療のために数か月から長い人では1年近くかかってしまうことがあります。
スリッパ水虫になってしまう原因は、白癬菌がいるところにたまたま足があったという程度のもののため、ジムやプールなどでロッカーを裸足で歩いたり、温泉や公共施設のスリッパなど、他の人と共用するものから感染してしまうことが少なくありません。
足に付着した白癬菌は約24時間かけて角質に感染するため、24時間以内に綺麗に洗い流せば感染することはないと言われています。
そのため、感染予防のためには毎日綺麗に足を洗うことが重要です。
また、白癬菌はジメジメして温度の高いところが好きなため、仕事で靴を履きっぱなしの人や、ストッキングを履いて足が締め付けられるヒールやブーツを履く女性にも多く見られます。
水虫の感染を防ぐためには、乾燥と清潔を心がけることが重要になります。